ひ孫への手紙
少し未来のことに目を向けて、あなたの想いを手紙に込めてみませんか?

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
あなたからのひ孫への手紙を心よりお待ちしております。
このページでは、あなたからの「ひ孫への手紙」を募集しています。

ご質問、手紙の投稿については、
himatega@hotmail.co.jp

までお願いします。
: INFOMATION : comments(4) : trackbacks(0) : posted by himago
ひ孫への手紙
はじめまして、ひいおじいちゃんです。
木全慎也(キマタシンヤ)といいます。
僕は西暦という暦で2007年の1月1日にこの手紙を僕のひ孫である君に書いています。
今そっちは何年だろう?
ひょっとしたら「〜年」とかもう使ってないかもしれないね。

今、君の周りはどうなっていますか?
息は気持ちよく吸えますか?
まだみんな仕事のために仕事をしていますか?
しんどそうな顔の人は多いですか?
どんなことにみんなは興味を持っているのだろう?

僕は君が生きている時代をよくしようといろいろとがんばっています。
とはいえ、人生も楽しんでいるよ。
なるべくいっぱい遊ぼうと思っています。


今、僕が住んでいるところは、周りに土もなく、空は狭く、グレーによどんでいます。木も動物もいません。長い間街を歩いていると、チリや自動車という乗り物からの油で顔が汚れたりします。
周りの人たちは毎日、朝から眠りたいのも押して起き、ありえないほどぎゅうぎゅうづめの電車にのり、特別何かや誰かのためになるものを生み出すわけでもない仕事に向かっていきます。お金を稼ぐことだけが目的の仕事です。
「生きるために仕事をする」ということがまかり通っていますが、君の時代はどうだろう?
もっとひどくなっている?
それとも遠い昔みたいに、あるいは少し前の未来の夢みたいに、食べるものには困らずにいるかな?

僕の周りは、自分の周りを汚さなければ生きていけないようになっていて、変な感じです。
毎日山のようなゴミが出て、それをせっせと毎日たくさんの人が捨てにいっています。
君の生きている時代には「ゴミ」という言葉はあるだろうか?
あってもひょっとしたら僕の時代とは違う意味で使っているかもしれない。。。

教育法はどうなっているだろう?
きちんと育ててもらってきたかな?
僕の時代には、みんなは仕事をするために生産されるように教育されているよ。自分で考えたり、人生を幸せに生きるためではなく、、、、何のためだろう?
最新の情報を理解するためだろうかな。
自分たちでもわからないってのは変だよね。
でも、そういうものが「教育」っていわれている。
君たちの時代では僕らの時代の「教育」はなんていわれているのかな。
とてもバカバカしくみえたりする?
それともキチンとしていた時代なんていわれていたりするのだろうか?
そんな風に言われているなら、きっと君もとても窮屈に生きているだろうね。大変だね。


僕は、君たちが幸せに、人生をイキイキと生きていけるように勉強も努力したつもりだし、今もやっているけど、なかなかうまくいかない。
僕にはまだ僕自身がこれからどうなっていくかわからないからなんとも言えないけど、これからもっと世界を良く変えることができたらなって、思うよ。
君が自慢できる曾祖父だったらいいな。
もし恥ずかしい曾祖父だったら・・・ごめんな。
これでもなるべく君のことを考えてがんばったつもりだったんだけど。

本当に、君の時代がどうなっているか知りたい。
もしそれが分かるなら、きっともっとうまくいろんなことができるに違いないのに、と思う。
君がもっと幸せに暮らせる時代をつくることができるかもしれない。
でも、
未来予知の練習なんかもしてみたりもしたけど、
それはやっぱりできないから、
僕はただ、君のいる、僕の時代からみた未来を想像していろいろとがんばるよ。
なにしろ君の時代にあるものは、きっと僕や僕の時代にいる人たちがつくった・つくってしまったものだろうからね。
責任をもって、がんばります。
僕の一言一行動が君の時代をつくっているのだからね。


君も、僕みたいに自分の子供たちのことを考えて行動できる人間になってほしいな。
そんなこといって、君の住んでいる時代がどうしようもなくイヤな時代なら、恥ずかしくて頭が上がらないけどさ。。。
そんなときでも「どうせがんばったって無駄なんだ」って思わずに、希望を捨てずにがんばってください。いつかきっと僕らの努力が花咲くときがあるはずさ。・・・と僕も自分に言い聞かせてがんばっているので。

まあ、ほんとに、君の時代が僕らの時代よりもっともっといい時代だったらいいな。
自分の国をもっと愛せたら、
自分の親たちをもっと尊敬できたらし、
自分の文化をもっと素晴らしいと思えたら、
周りにある物がもっと美しいと思えたら、
毎日食べるものがもっともっと美味しいって感じられたら、
普段から「とっても気持ちいい」って思えたら、
生きているって素晴らしい!って思えてたら、
すごくいいなって思うよ。
そうなっていることを願っています。


2007年元旦。
僕は君のことを思い、君の住んでいる環境のことを思い、
再び決意をかためつつ、この手紙を書きました。
この手紙が、君が誇りを持って読んでいることを信じています。

それでは、君も身体には気をつけて。
どんな時代であっても、なにしろ健康が一番ですよ!(^^)



木全 慎也
2007年1月1日
大阪にて
: - : comments(0) : trackbacks(0) : posted by himago
: 1/1 :